緑内障とは

緑内障を詳しく説明します

そもそもなぜ緑内障というのでしょうか。

それは、眼球の中の房水という水が貯まり、

角膜がむくんで青みがかって見えることから緑内障と呼ばれます。

 

しかし、目で見てこのように青みがかってみえることは少なく、

逆に緑内障が進行しているような状況でも

見た目ではまったくわからないことがほとんどです。

 

本人も症状をなかなか自覚しにくいことから、

かなり病状が進行した時にはじめて発見されることが少なくありません。

 

こうしたことを防ぐには、

40歳を越えたら眼科の定期健診を受けることが最も有効です。

 

では、緑内障になるとなぜ視野が狭くなっていってしまうのでしょうか。

 

緑内障の原因の一つに、眼圧の高さがあります。

眼圧というのは眼球という球体を球体上に保つために

眼球内部から押し出す圧力のことです。

この圧力がないと眼球はしぼんでしまうでしょう。

しかし、なんらかの原因で眼圧が高まりすぎると

視神経が圧迫されて潰されてしまいます。

失った視神経は二度と元に戻らないため、

やがて視力を失ってしまうのです。

 

眼圧が高いからといって、必ず緑内障になるとは言えませんが、

検査をして視野が狭くなっているなどの症状があった際には

処方された薬を、指示通りに服用・点眼することが大切です。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ