緑内障とは

緑内障の眼薬は一生さし続けるもの

もし緑内障と診断されたら、すでに眼圧が高い状態ですので、

眼薬によって眼圧を下げることを行わなくてはなりません。

 

緑内障というのは進行していく病気ですから、

症状の進行を少しでも遅らせるために

指示通りの眼薬の点眼を行う必要があります。

 

一生眼薬をさし続けることになるので、

お薬の成分や自分のアレルギーを

きちんと把握しておいたほうがいいでしょう。

 

また、角膜がデリケートな方は

眼薬に含まれる防腐剤などによって、

細かい傷がついてしまう可能性があります。

気になる場合は医師に確認しましょう。

 

慢性的な緑内障の場合、主となる治療は点眼薬による治療です。

最近は薬の種類が増え、症状に合わせて

柔軟に使い分けられるようになりました。

 

その薬の中には、アレルギー症状として

ぜんそくや不整脈を誘発するものなど

全身への副作用を引き起こすものもあります。

また普段飲んでいる薬との飲み合わせもありますので、

常用的に薬を服用している薬は医師に知らせておくと良いでしょう。

 

ステロイドを服用している人の中で、

緑内障の点眼薬を使用した場合に

まぶたに黒ずみが出る症例が報告されています。

 

定期的な通院と、指示通りに薬を

服用・点眼することは大切ですが、

気持ちまで堅苦しくなる必要はありません。

 

長く付き合っていくのですから気持ちを明るく保てると良いですね。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ