緑内障になった際の対処法、治療、原因

レーザー治療や手術

緑内障の多くが10年近い長いスパンで症状が進行するのに対して、

急に痛みを感じて視力の欠損を感じる場合があります。

これは急性緑内障発作といい、

房水が滞ったことによって眼圧が急激に高まる状態ですので

緊急な治療が必要となります。

 

進行が早く、早期に対処しなければ失明することもありえますので、

非常に危険な事態となるでしょう。

 

手術の方法はいくつかありますが、

レーザー治療では虹彩に小さな穴をあけて

房水の循環を良くするレーザー虹彩切開術や

線維柱帯を広げて循環を良くするレーザー線維柱帯形成術等があります。

 

手術によって房水の循環を良くすることで眼圧をコントロールし、

緑内障の進行を防ぐことが出来ます。

 

緑内障の手術は視力を戻すのではなく、

症状の進行をとめたり、緩やかにしたりすることが目的となります。

これ以上視神経が圧迫されることを防ぎ、

視神経の壊死が起こらないようにコントロールするのです。

 

また、急性緑内障発作は再度起こる可能性がありますし、

レーザー治療で房水の循環を良くし眼圧をコントロールしても

また眼圧が上がることがあります。

 

視力の変化は徐々に起こると実感がわきにくいものです。

治療後も完治したとして放置するのではなく

定期的に診断をうけるのがいいでしょう。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ