緑内障になった際の対処法、治療、原因

対処法

緑内障だと判断された時、どのようにしたらいいのでしょうか?

まずは専門の医師に相談されることは必須かと思われます。

 

緑内障はいくつかの種類があり、

自分がどのような種類なのかで対処法が変わってくるので注意しましょう。

 

緑内障は原発性緑内障と続発性緑内障があります。

続発緑内障の方は糖尿病やぶどう膜炎などの目の病気により起こるもので、

他の病気が原因となる緑内障です。

 

一方で原発性緑内障の場合は目の機能それ自体に

何らかの問題が起こって起こる緑内障です。

このほか発達性緑内障があります。

 

続発性緑内障の方は、まず、

緑内障の原因となった病気の治療をするのが最初の対処でしょう。

糖尿病等では、糖尿の治療だけでなく

緑内障も合わせてトータルに考えた治療法が望ましいです。

一方を直そうとしたら、もう一方が悪化する

ということが無いようにしていきたいものですよね。

 

まずは原因があると思われる場合、

原因を含めて緑内障の治療につとめましょう。

場合によっては失明する危険は変わりありません。

 

糖尿病だけでなく、ステロイドを処方され続けることによって

起こる緑内障もあります。

 

何らかの病気を持っている場合は、

まず、定期健診は欠かさず行うようにし、

目については不安がある場合は、眼底検査等も充分行って

まずは緑内障であるかどうか確認を行いましょう。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ