緑内障になった際の対処法、治療、原因

緑内障の診断

定期健診を行っていて、特に数値に異常は無く

問題を指摘されなかった方が緑内障だと診断されることがあります。

 

通常の定期健診で行う検査では視力検査・眼圧測定・眼底検査が行われますが、

なぜ緑内障が発症されていると気づけないのでしょうか?

 

日本人に多い緑内障の種類の中に正常眼圧緑内障というものがあります。

一般的に緑内障は眼圧が異常のために起こる症状たと思われていますが、

眼圧が正常範囲内なのに緑内障も起こることがあるのです。

定期健診で結果に異常は無かったのに、

後日になって緑内障だと診断されることがあるのはこういったわけなのです。

 

緑内障は一般的に眼圧が高くなることによって

視神経が圧迫され視野が欠損するのですが、

初期では自分の視野欠損に気付くことが出来ない場合が多いのです。

 

例えば、盲点があることに普段から気づく方はいるでしょうか?

視野に何らかの異常を感じることは少ないために

検査自体をしようという方が少ないのです。

一般的な検査ではわからないこともあるので、

気になる方は緑内障の診断を受けてみましょう。

特に高齢者や眼圧が高い方は定期健診よりも

詳しい検査をすることによって緑内障発見の頻度は上がってくるようです。

 

このほか、家族に緑内障の方がいる場合、

近視の場合も検査を受けてみるといいでしょう。

糖尿病の方の場合も緑内障になる確率は高くなっており、

高血圧で片頭痛持ちの方も危険度が高いと考えられています。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ