緑内障とは

緑内障とはどのような病気なのでしょうか

緑内障というのは、眼に関する病気の一種です。

白内障もあり、セットで知っている人が多いでしょう。

 

歳をとると目が見えにくくなったり、眼病にかかる人が増えて来ますが、

白内障と異なり、緑内障は若い人でもかかる恐れのある眼病です。

緑内障は眼圧の上昇などにより視神経がゆるやかに死滅して

視野が狭くなる病気です。

治療が遅れた場合には失明することもあります。

 

コンタクトレンズを作る際などに眼圧を測りますが、

その際に眼圧が正常値であっても緑内障を発症する人が増えてきています。

 

進行がゆっくりと進むことや、

片目の視野の狭窄は両目で補う働きがあるので、

視覚異常を自覚して受診した時にはかなり

症状が進行していることがほとんどです。

 

緑内障は眼圧が高いことが原因となることが多いので、

「目の奥がなんとなく重い」

場合や、

「頭痛がひどい」

といった症状がある場合にも、眼科を受診されることをお勧めします。

 

眼圧には体型や普段の姿勢が影響し、

座った状態からあおむけに寝た状態になるだけで

眼圧は2〜6mmHg上がります。

ヨガのポーズなどで天地が逆転したポーズを取る際にも

眼圧がかかりすぎることがありますので、

指導者はきちんと指導を行う必要があります。

 

遺伝的要因もあると言われていますので、

定期的な眼科での検査が予防となります。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ