緑内障を予防する生活習慣

悪しき習慣を断つ

年齢を重ねることで、誰でも発症する恐れのある緑内障。

できれば緑内障にかかることなく、

1日でも長く健康的な生活を送りたいというのは誰もがもつ願いですよね。

 

そうした願いを叶えるためには、

毎日の生活習慣を改善することを心がけなければなりません。

緑内障を予防するためには、毎日の生活のなかから、

悪しき習慣を排除することが必要です。

 

例えば、コーヒーや紅茶が大好きで、毎日何杯も飲むという方。

コーヒーや紅茶にはカフェインが多く含まれています。

カフェインには覚醒作用や解熱鎮痛作用、利尿作用、

交感神経を刺激する作用などがあり、

古くから医薬品にも用いられてきた物質です。

 

ですが、カフェインを多く摂取すると瞳孔が大きくなる作用があり、

眼圧を上昇させてしまうことがあります。

そのため、緑内障を予防するためには、

カフェインを多く摂取することを控えた方が良いでしょう。

 

生活習慣病や肺がんなど、さまざまな病気の原因ともなりうる喫煙も、

目の機能にも悪い影響を及ぼすといわれています。

喫煙にはカフェインと同じように瞳孔を大きくする作用がありますので、

禁煙をおすすめします。

 

アルコールの過剰摂取にも要注意。

毎日のように度数の高いお酒を飲んでいると、

視神経に良い影響を与えませんので、適度な摂取量を守るようにしましょう。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ