緑内障と判断された場合に有効な食生活

皮膚と粘膜に重要なビタミンB6

ビタミンB6も緑内障によいと言われている栄養素の一つです。

植物ではニンニクやピスタチオ、玄米やゴマ等に多く含まれている成分です。

動物では鶏や豚、牛、カツオやサンマ等にも含まれており、

基本的にはバランスよく食事をしていれば取りやすい成分といえるかもしれません。

 

ビタミンB6の主な役割としては脂質、炭水化物、

タンパク質の代謝の補酵素として、

また神経伝達物質の代謝の補酵素として知られており、

ホルモン調節なども行っているようです。

 

水溶性のビタミンで、これが不足すると湿疹や口角炎、皮膚炎、貧血、

聴覚花瓶や脳は異常、免疫力低下等が起こると言われています。

 

緑内障に良いと言われていますが、

取り過ぎると逆に害になるともいわれており、

一日当たりの摂取量を基本にバランスよく身体に取り入れるとよいようです。

 

ちなみに、取り過ぎた場合は神経障害がおきたり、

骨に痛みを感じたり筋肉が弱くなたり、

精巣が委縮し精子数が減少する等があるようです。

 

平均は男性は1.20r/日、女性は1.03r/日が平均摂取だと言われており、

上限値は10rだと言われています。

皮膚と粘膜を健やかに保つために重要なビタミンですが、

バランスよくとり、多く摂り過ぎないようにしましょう。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ