緑内障と判断された場合に有効な食生活

血液をサラサラにするDHAやEPA

眼圧を直接的に下げるわけではないですが、

目の網膜にある毛細血管を健やかに保つために、

血液をサラサラにするのもよいと言われています。

 

網膜にある血管はとても細いですから、不健康な生活をしていると、

血管が弱くなったり傷ついたりしやすくなります。

 

特に血液がドロドロタイプは要注意です。

血管を詰まらせたり血管を傷つけやすくなりますから、

目だけでなく全身のいたるところでトラブルを起こす可能性が高いのです。

 

血液をサラサラにするにはどのような栄養があるのでしょうか?

 

その一つとして有名なのがDHAやEPAがあります。

これらは主に青魚に含まれている油脂で必須脂肪酸の一つであり、

DHA・EPAは常温でも固まりにくく、

サラサラとしており魚が水中で過すために必須のもの。

ドロドロ血液の方が主に食べるのは肉類が多いといいますが、

主に魚を食べることによってDHAやEPAが取れるので、おすすめです。

 

DHAやEPAは脳や眼球にも多いのですが、

人間は自分で作り出すことは出来ない物質でもあります。

青魚を食事に取り入れたり、

サプリメントを活用するなどして日常的に普段から摂取するように努めましょう。

 

オメガ3などのサプリメントでは魚が嫌いな方でも簡単に取れますので、

食事の偏りを自分でも自覚している人は持っておきたいですね。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ