緑内障と判断された場合に有効な食生活

目にいい食事とは?

医食同源という言葉もあるとおり、

食生活の乱れからくる病は様々なものがあります。

栄養について考えずに食事をとっていると好き嫌いが自然と反映されてしまって、

食事に偏りが出て栄養バランスが乱れてしまうことも。

 

緑内障は根本原因が未だ解明されていない病気ですから、

食生活にもその原因が無いとは言い切れません。

手術をしたり医者から処方して頂いた薬を使って治療する以外にも、

自分の健康のために自分で出来ることを行っていきたいですね。

目に良いと言われる食事をはじめ、

栄養バランスを考えて健康的な食生活をすすめて行きましょう。

 

緑内障は一般的に眼圧が高くなることにより、

視神経が圧迫されて壊死してしまう病気。

ですから、目に良いよいと言われる食事を見ていきましょう。

 

一般的に目に良いと言われている食材としては

「ブルーベリー」を上げる方が多いです。

これはとくにデスクワークをしている方、

特にパソコンを利用している方が注目している食材です。

ブルーベリーに入っているアントシアニンが、かすみ目や目疲れに効くといいます。

 

人の視力には網膜にあるロドプシンが網膜から入る光情報を

電気信号に変えて脳に伝えるのですが、目を酷使すると再合成が遅れてしまい、

視界がぼやけたり、目がしょぼついたりするのです。

このロドプシンの再合成を助けるのがアントシアニンなのです。

 

緑内障に関しての直接的にかかわりは低いと思われ、

医薬品では認可はありませんが、目に良いものとして知られています。

緑内障コンテンツ

緑内障とは
緑内障を詳しく説明します
緑内障とはどのような病気なのでしょうか
緑内障と診断された場合
緑内障の眼薬は一生さし続けるもの
緑内障は生活習慣病?
緑内障になった際の対処法、
治療、原因
緑内障の診断
対処法
緑内障をチェック
点眼薬
レーザー治療や手術
緑内障と判断された場合に
有効な食生活
目にいい食事とは?
血液をサラサラにするDHAやEPA
緑内障患者におおいビタミンCの欠乏
皮膚と粘膜に重要なビタミンB6
神経を正常に保つビタミンB12
緑内障を予防する生活習慣
食生活の改善
悪しき習慣を断つ
適度な運動を
デジタル生活における注意
ストレスをためない
ページのトップへ